考える

考える

お子さんが英語につまづいてわからないとき、或いは自分の再勉強の方法

突然ですが、英語のはなしをします。(過去記事の編集をします)
すっきり

プラスチック製品は減らせるか ~あさイチの特集を見て~

昨日のあさイチの特集「エコもお得も!プラごみ&電気代 削減大作戦」を見ました。
私のこと

コロナ禍の日々で考えること

コロナの拡大が止まりませんね。
考える

ウイグル強制労働に関わってない衣料品を着たい

ユニクロ、無印良品、私が好んで買ってきた製品がウイグル地区での強制労働によるものだったとしたら。
生き方

幸せかどうかを決めるのは

誰かと比べて、私は幸せだ、恵まれている、と言って、自分の幸せを確認するという言動に接することがあります。
家仕事

家事のプロフェッショナルを目指す

ひとは生きてる限り、家事はどうしてもしないといけない最低限でマストな要素です。
家仕事

専業主婦はれっきとした仕事

自分の家での仕事、いわゆる家事には給料が出ない。外で雇用されたり自らビジネスを起こして働けばそこには対価として金銭が得られるのに。
考える

見ていた景色がガラッと変わる瞬間

マンガを読んでいて気になる場面がありました。(過去記事を移しています)
断捨離・片付け・終活

家事の断捨離でラクさを追求していくとゴミが出る問題

便利さとムダのなさと快適さを追い求めて日々暮らしているような気がします。
エンタメ

”普通”に囚われない

今日、WOWOWで「劇場版おっさんずラブ」を放映していました。あれからもう2年以上経ちました。
徒然

3月11日

10年前の2011年3月11日。東日本大震災が起きた日。
考える

結婚てなんだろう

「花束みたいな恋をした」を観てから、「結婚」てなんだろうなぁってぼんやり考えてます。
暮らし

コウケンテツ氏の過去記事がとても良い

2年前の記事だけれど、定期的に読みたい記事。紹介します。
家仕事

作り置きはしてもしなくてもいいっていう当たり前な話

料理や食事に関する意識を変えるとラクになったりするかもしれない。
私のこと

[コロナ禍]外で働いてないことの弊害をひしひしと感じる昨今

こないだ、久しぶりに友人からLINEが来ました。
徒然

コロナが苦しい。どうやって向き合っていこうか

昨日の新聞の社会面、「何より怖い『自分が第1号』」と大きな見出し。コロナ感染者がゼロの市町村でそこで1号になる事の恐怖に関しての記事でした。