痛みを我慢するのやめよう

私のこと

こんにちは、あじさい(@hydrangea_11)です。

 

月曜日に乳腺の生検に行ってきました。

乳がんの検査~細胞診・組織診(針生検)|乳がんを学ぶ|がんを学ぶ ファイザー
乳がんでは、超音波やマンモグラフィなどの画像診断では良性か悪性かはっきりしないしこりや、がんの可能性があるしこりの診断確定のために、細胞診や組織診(針生検)が行われます。確定診断には、組織診(生検)が用いられます。<がんを学ぶ ファイザー株式会社>

 

私が受けたのは、上のうち、マンモトーム生検です。

 

局所麻酔をするから、痛み自体はそれほどじゃないのかな、どうかな… と思っていたら、麻酔自体がやっぱり痛い… 一回だけじゃ終わらず、何回かずーんんと重くて鈍い痛みがやってきました…

 

血液検査の時の注射すら怖くて目をつぶるくらいなので、麻酔の時から何も見えないようにぎゅっーーと瞼を閉じていました。

 

医師が男性だったんですよね… 最初の日は女性だったんだけれど… これに関してはもうちょっと調べてからいけばよかったな…とちょっと後悔が過ぎりました。

 

痛みには強いほうですか、と聞かれたので、全然だめです、と答えました。

 

ひとつひとつ、実施することを言葉にして伝えてくれたのはとても良かったんですよね。以前の病院のイメージとは違うなぁと。

 

さて、麻酔が終わり、針を使って麻痺しているかを確認してから、本番です。

 

痛みはないです。でも何かが深く入って行ってる感じはあります。

 

そして、吸引するので音がしますよ、と言われました。針を使って細胞を吸引するらしい。

 

長かったなぁ… いや、それほど長くなかったのかもしれないけど、痛みが耐えられないっていう訳でもないんだけど、左胸だったので左の腕を上に上げ続けていたのが痺れてきたし、身体に力を入れ続けていて緊張がもう続かない感じ。

 

終わった瞬間、大きくど~~~~~っと息を吐いて弛緩しました。

 

疲れた。

 

家に帰ってきて寝ました。

 

夜になって麻酔が切れ始めてきて、痛みがやってきました。医師からは痛み止めが家にあればそれを飲んでください、と言われていたんだけれど、元々薬を飲みたくないので出来ればナシで済ませたい。

 

飲まずに寝ようとしたところ、布団に横になるだけでも痛い。娘が薬とお水を持ってきてくれて飲んだ方がいいとかなり強く言うので、観念して飲みました。

 

そうしたら夜中に痛みで起きることもなく、朝までぐっすりできました。

 

痛みがないって素晴らしいね…

 

自分の最初のお産の事を思い出してしまった…

 

分娩に30時間以上かかり、その上体力がなくなって「吸引分娩」になったんです。会陰もかなり裂けてしまい。

 

痛みがひどくてひどくて、夜眠れませんでした。今でも覚えてるんですよ。でも、痛いから薬をくれ、と言えなくて、ひたすら我慢我慢。

 

なんか世代もあるのかもしれないけれど、「我慢が美徳」って言われて育ちました。あの時、薬を飲んでさえいれば、楽に眠れたのに。

 

痛みは我慢しちゃだめ。

 

それが身体的なものでも精神的なものでも。

 

自分さえ我慢すれば… は自分に毒なばかりか、私の属性に属する他の人たちにも毒だ。

 

昨日、中絶できる経口薬が承認申請されたニュースがありました。手術をせずに済むことで安全だと。しかし、その価格を10万にしようとしているらしい。

経口中絶薬を安価で利用しやすいようにしてほしいと、7つの市民団体が署名活動を行っていて、12月14日には4万人分余りの署名を厚生労働省に提出しています。

署名では、経口中絶薬は、
▽安全で効果的だとしてWHO=世界保健機関が「必須医薬品」に指定していること、
▽海外では1988年から使われ、現在では日本で申請された薬はおよそ80か国、そして、薬による中絶はおよそ100か国で承認されていること、
▽海外ではオンラインで診察し、処方している国もあることなどから、
厚生労働省に対し、速やかに承認し、当事者の女性が利用しやすいようにするよう求めています。

さらに、経口中絶薬の価格について、WHOによると海外での平均価格はおよそ740円であるとして、国内で承認された場合は安価な料金で処方されるようにしてほしいと訴えているほか、WHOは胎児の心拍が止まり、流産になったときでも使用を推奨しているとして流産への適応拡大も求めています。

それなのに、

日本産婦人科医会は、処方は当面、入院が可能な医療機関で、中絶を行う資格のある医師だけが行うべきだとしていて、木下会長は「医師は薬を処方するだけでなく、排出されなかった場合の外科的手術など、その後の管理も行うので相応の管理料が必要だ」と述べて、薬の処方にかかる費用について10万円程度かかる手術と同等の料金設定が望ましいとする考えを示しました。

酷い話。

経口薬を、産婦人科医が手術によって得られる報酬と同じ程度にして、今までと同じ利益を得られるようにする意向みたいです。

 

日本の女性は、避妊にしても相手頼み。ピルの使用が普及してません。これもまた他国とは大きく違う現状。

避妊って男性にお願いするもの? | NHK | WEB特集
【NHK】日本では避妊方法の選択肢が限られる一方、欧米ではコンドームやピル以外の方法が簡単に選択できます。

 

やっぱり声をあげていくしかないと思いました。Twitterでいろいろツイート、リツイートしてます。ひとりの声は小さいけれど、やらないよりはマシ。

 

我慢するのはもうごめんです。

 

それでは。

あじさい

コメント