家事系の読みたい本を見つけた

読む

家事がどうして”ちゃんとした労働”として見做されないのか。誰でも簡単に出来ると思われてるのか。理由のひとつが、そこに金銭が発生しないからだと思ってるんですが、家事系の本で久々読みたい!と思う本が見つかりました。

昨日、Twitterで流れてきたツイートの中で、この本のことを紹介してるものがあり、知りました。そして書いた方のホームに行って、このツイートを見つけました。

「むしろ、考える家事」!!

読みたい。読みたい。

「家事はもくもくと手を動かし続け、「時短」や「効率良く」を考えながらやるもの、さっさと済ませて次の時間へ行きたい。」そういうふうに家事時間をマイナスなものとしてとらえると、その時間がもったいないではないか! そう気づいた山崎ナオコーラさんは、家事時間をむしろプラスなものと捉えて、楽しい考えごとに使うことに。料理、掃除、洗濯、子育て……日常の家事の時間に考えたことを綴る、新しい視点のエッセイ。

Amazon紹介文より

明日、結婚式に出席するのですが、新幹線で移動する時間があるのでその時に読もうと思ってます。

家事にもイイことがある!
以前観た映画「舟を編む」の中で、宮崎あおい扮する料理人が包丁を研いでいる場面がありました。包丁を研ぐと無心になれる。と言っていました。

**************

お越し頂きありがとうございました。

あじさい

コメント