[BTS]Variety記事:Butter制作者が制作時に感じたこととは?

BTS

Varietyに”Butter”制作の裏話的記事が出ました。

BTS’ ‘Butter’: The Origin Story of the Band’s Summer Smash (EXCLUSIVE)

「BTS ‘Butter’: バンド(BTS)のサマースマッシュのはじまりは」

私が気になったところを取り上げてみますね。

Let’s start at the beginning, when was “Butter” born?  

Ron Perry: When Jenna played me the hook. I had a vision for this song that was Michael Jackson “Smooth Criminal” meets Daft Punk.

Jenna Andrews: The chorus and the melody is basically what existed in the beginning. Alex had been coming over and writing with me every day during quarantine, and Rob had sent me the song with a hook that he and Stephen had written. And I heard the melody(written by Stephen Kirk) and thought, “This is incredible.” And I played it to Ron, who has the magic ears…

Butterはいつ生まれたんですか。

ロン・ペリー(コロムビアレコードの会長兼CEO):ジェナが私にフックを聴かせてくれたとき。 私は、マイケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」がダフト・パンクに出逢ったようなビジョンを感じました。

ジェナ・アンドリュース(カナダのシンガーソングライター兼レコードプロデューサー): コーラスとメロディーは、基本的に最初から存在していたものです。 アレックスは外出自粛中、毎日私のところに来て一緒に書いていて、ロブはスティーブンと一緒に書いたフック付きの曲を送ってくれました。 そしてそのメロディー(スティーブン・カーク作)を聴いて「これはすごい」と思いました。 そして、魔法の耳を持つロンに演奏しました…

RP: It had different lyrics at the time.

JA: “Smooth like butter, like a criminal undercover,” literally came from Ron’s references. So that got us to be, like, this is the concept — and it all started from there.

ロンペリー: その時は歌詞が違っていたんですよね。

ジェナ・アンドリュース: 「Smooth like butter, like a criminal undercover 」の歌詞は、文字通りロンからきたものです。それがコンセプトだ!となり、全てはそこから始まりました。

作詞について聞かれ

Rob Grimaldi: It probably sounds crazy to say that we took a month-and-a-half to get to a point and then another month-and-a-half fixing whatever we came up with. But BTS are all so unique in their own way and they do their thing so well, which is why their fanbase is  so invested in them. And so you’re really writing for a whole cultural movement.

AB: It’s an honor to be able to work with them and for them. And we didn’t take it lightly not one step of the way. That’s why there was so many revisions and so many versions of the same thing, because we wanted to get it right.

RP: Because “Dynamite” was so good and so big, we knew our bar was really high, so every part of “Butter” had to be perfect. We knew what the boys mean to culture, how influential the ARMY is, and, if we got this right, how big it could be.

ロブ グリマルディ(アメリカの作詞作曲家): 狂気のように聞こえるだろうけれど、あるポイントに到達するのに 1 か月半費やし、その後思いついたものをすべて修正するのに更に1 か月半かかったんです。 しかし、BTS はそれぞれ独自の方法で非常に独創的で、彼らは上手くやりのけるからこそ、ファンたちは彼らに没頭してるんです。 まさに文化的ムーブメントのために書いているかのようです。

アレックス ビロウィッツ: 彼らと一緒に、また彼らのために仕事ができることを光栄に思います。 それを軽視しなかったということは非常に多くの改訂版と多くのバージョンがあることからわかると思います。

ロン ペリー: 「Dynamite」がとても素晴らしく存在も大きいので、ハードルが非常に高いことはわかっていました。「Butter」は全てが完璧でなければなりませんでした。 私たちはBTSが文化へ持つ意味、ARMYの影響力を知っているので、もしこれが上手くいけば、ものすごい成功になると思っていました。

 

Were you thinking “Butter” had the makings of a summer bop?

RG:  If you look at the trend of popular music the last few years, so many songs are really sad. Like it’s almost cool to be sad and, just speaking for myself, being in a pandemic in New York, being cold, wearing a mask in the studio all the time, I was pretty tired of writing sad songs where you’re just feeling bad for yourself and lonely, lonely, lonely, lonely. So for me, working on this song was like my therapy. I don’t know if I would say that it felt like summer, but it felt like the way that you remember the world being in its best sense.

RP: I think they wanted to have a really fun song, post-COVID — that was their goal. And we wanted to write something that had swag like the boys do — a song to match that. Also, we wanted to make sure that all seven members got shine and that everyone has his moment.

「Butter」にはサマーヒットの要素があると思っていましたか?

ロブ グリマルディ: ここ数年のポピュラー音楽のトレンドを見てみると、本当に悲しい曲ばかりです。 まるで悲しむのがかっこいいとばかり。私は、ニューヨークでパンデミックが起き、寒いスタジオでいつもマスクをしていて、ただただ機嫌が悪いだけの悲しい曲を書くのにかなりうんざりしてたんです。自分が悲しくて可哀想で寂しくてしょうがないっていうような曲。だから私にとって、この曲に取り組むことは私のセラピーのようなものでした。 夏を感じるかどうかわからないけれど、世界には最高な面があることを思い出させてくれました。

ロンペリー: 彼らは新型コロナ発生以降、本当に楽しい曲を作りたかったのだと思います。それが彼らの目標でした。 そして、私たちはBTSの持つ魅力的な何かを書きたかったのです。それに合わせた曲です。 また、7人のメンバー全員が輝き、それぞれがそれぞれの瞬間(モーメント)を持てるようにしたかったんです。

There are references to Usher, Michael Jackson… How do those fit in?  

JA: We thought it would be cool to bring up late ’90s references: Usher, rock with me, I look in the mirror, like “Man in the Mirror” by Michael Jackson — lyrics that paid homage to that time period.

RP: And I wanted to throw the Daft Punk talkbox in there because I was obsessed and have always loved them.

アッシャー、マイケル・ジャクソンを引用されてます…どうしてですか?

ジェナ・アンドリュース: 90年代後半辺りをもってくるのはカッコいいと思いました。Usher、rock with me。”I look in the mirror” は、マイケル・ジャクソンの「マン・イン・ザ・ミラー」などその時代へのオマージュを込めた歌詞なんです。

ロンペリー: ずっとハマっているダフト・パンクのトークボックスをそこに入れたかったのです。

(注:トークボックスとは、ホースをくわえて演奏する楽器用エフェクター)

 

What about the rapping? As I understand, it was RM’s idea to include a rap. How did you approach that?

AB: I think the biggest piece is we really did a lot of research on the group and wanted to identify their strengths as a whole, but also their strengths as individuals so that we can give each member their shine. And I remember we were listening to a bunch of their music, and we found that a couple of them were really skilled rappers. And it was a moment in the song that we wanted to have this high energy explosion of everyone taking part and everyone taking turns — a real throwback hip-hop moment almost. And I think that was a great way to get some of those rap-heavy members involved. And when we first did the demo, BTS loved it so much that they wanted to also put it at the end, which was a brilliant idea, because they were able to actually give more of a moment to those members. So it was a cool, collaborative effort.

ラップはどうですか? ラップを含めるのはRMのアイデアですよね。どうアプローチしましたか?

アレックス ビロウィッツ: 最も重要なことは、グループについて本当に多くの調査を行い、彼らの強みを全体として特定するだけでなく、各メンバーに輝きを与えることができるように、個人としての強みも特定したかったことだと思います。 彼らの音楽をたくさん聴いていたのを覚えていますが、非常に熟練したラッパーがいることがわかりました。 そして、曲の中で、全員が参加し、全員が順番に交代することでエネルギーの爆発を望んだのは、まさにヒップホップへ戻った瞬間でした。 ラップ好きのメンバーを巻き込むにはうってつけの方法だったと。 そして、私たちが最初に試聴盤を作ったとき、BTS はその試聴盤を非常に気に入り、最後にもラップを使いたいと言ってました。これは素晴らしいアイデアでした。なぜなら、実際にラップメンバーにより多くの時間を与えることができたからです。 それはクールなコラボでした。

Grammy-winning mixer Serban Ghenea worked on “Butter,” what sort of directives was he given?

RG: We talked briefly about what we had in mind sonically before his first pass. It was a mixture of making it ready for radio and doing what a mixer does. But there’s also so much ear candy in the record, whether it’s, the vocal production or a Jungkook run — whatever the moment is, his job was to really make those pop and shine and also to give them consistent energy and bottom and depth. He nailed it.

RP: Rob and Stephen’s premix was really good, too, and then he came back with a fire mix.

AB: The Serban mix was like the icing on the cake.

SK: They’re all great singers, but they all have very unique tones and different vibes about them. And so, in the mix, you want to find a medium of the individual sounds and tones, but also bring them together almost like a glue over it so that the ARMY knows, this is Jungkook; this is Jimim; this is SUGA; this is RM.

グラミー賞を受賞したミキサー、セルバン・ゲネア(Bruno Marsの24K Magicのミキサー担当)は「Butter」でどのような指示を与えられたのですか?

RG: 最初のパスの前に、私たちは音響的に念頭に置いていたことについて簡単に話しました。 ラジオに合わせることとミキサーが行うことを。 しかし、ボーカルのプロダクションであれ、ジョングクの歌であれ、この曲にはイヤーキャンディ(耳を楽しませる要素)がたくさんあります。どんな瞬間であれ、セルバンの仕事はそれらを本当にポップなものし、輝かせ、一貫したエネルギーと底辺と深みを与えることでした。 彼はやってのけたんです!

RP: ロブとスティーブンのプレミックスもとても良かったのですが、彼はファイヤーミックスを作りました。

AB: セルバンのミックスはケーキのアイシングのようなものでした。

SK: 彼らは皆素晴らしい歌手ですが、非常にユニークなトーンと異なる雰囲気を持っています。 したがって、ミックスでは、個々のサウンドとトーンの媒体を見つけたいだけでなく、それらを接着剤のようにまとめて、ARMY が認識できるようにします。 これがジョングク、これはジミン、これはSUGA、これはRM、などのように。

注)icing on the cake という表現について

《the ~》添え物、花を添えるもの、さらなる楽しみ、最高 という意味があります。

 

この記事を読んでいてとても感銘を受けたというか、ああ、そうだよなぁとつくづく思ったのが、この文章でした。

So for me, working on this song was like my therapy. I don’t know if I would say that it felt like summer, but it felt like the way that you remember the world being in its best sense.

制作者が、歌を作ることがセラピーになっている、ということ。コロナ禍にあって楽しい歌が作りたいというBTSの思いを歌にすることで、「世界には最高な面があることを思い出させてくれた」と語ってること。

現在、Butterが世界に明るさやエネルギーを届けてるのはもちろんなんだけど、こうやって、楽曲制作に携わった人たちが制作の過程で元気をもらえたというのが素晴らしいなぁと。

音楽には力がある。

毎日それを感じています。

[BTS]Rolling Stone の記事で是非読んで欲しい文章はこれ 
音楽雑誌に来ないかな来ないかなって待ってたらやっと!きました~!

*************

お越し頂きありがとうございました。

あじさい

コメント