[本]安野モヨコ「監督不行届」感想

読む

DMMブックスのものすごい値引きセールの時に購入していました。

 

「シンエヴァ」を映画館で観て、NHKの「プロフェッショナルの流儀」の庵野秀明監督回も観て、番組にも出演していた庵野監督の妻である漫画家安野モヨコ氏が監督について描いたという漫画があると知り、読まずにはいられるか!と読みました。

 

どうも、エヴァのファンからすると、安野モヨコは庵野監督の妻という位置づけらしいけれど、モヨコ漫画のファンからすると、モヨコ氏って庵野監督と結婚してたの~~~??うそ~!とびっくりする。

「働きマン」「さくらん」の作者、モヨコ氏安野と庵野が結びついたのはかなり最近になってからなんです私。

 

ものすごい才能のお化けのようなふたりが結婚していたのか…と衝撃だったんです。そしたら、自分たちの生活のことを漫画に描いてるなんて、オタクからしたら、そんないいんですか、見せて頂いて…となりました

 

一気に読み終わって出てきたのは、「これぞ、ザ、愛。」

 

こんなに愛に溢れた漫画を読めたしあわせ。

 

お2人のしあわせのおすそ分けをもらえてかなりかなり私も幸せな気持ちに浸れました。

 

庵野監督は、シン・ゴジラ、シン・エヴァときて、今度はシン・仮面ライダーを作るらしいです。

 

監督が小さいころから大好きだったと、この漫画の中でも多く出てくる仮面ライダー。仮面ライダーオタクの極みのような監督が、新作を作るなんて、ファンからしても監督の視線からしてもなんだか夢のまた夢のような話。

 

私もリアルタイムで仮面ライダーV3のファンだったので、とてもとても気になります。ちょっと業界自体が庵野監督に頼り過ぎな傾向が気になりますが、おふたりの健康とお幸せを、おふたりの一ファンとして願うばかりです。

今までエヴァを観てこなかったけど観たほうが良いと思う理由
エヴァ世代は何歳くらいなんでしょう。30代?40代?

*************

お越し頂きありがとうございました。

あじさい

コメント