コウケンテツ氏の過去記事がとても良い

暮らし

2年前の記事だけれど、定期的に読みたい記事。紹介します。

日本の家庭料理はハイスペックすぎる。世界の食卓は意外と質素(コウ ケンテツ)
「毎日の献立を考えるのが苦痛」という主婦は少なくない。それは、日本の家庭料理がハイスペックすぎるからかもしれない、と指摘するのは、料理家のコウケンテツさん。NHKの番組で世界中の家庭料理を見てきたコウさんによると、世界の食卓は日本に比べるとずっと質素だという。

 

コウケンテツ氏の紀行番組、料理番組とても好きです。去年の緊急事態の際にYoutubeで発信されていたのをよく見ていました。

 

彼のおしゃべりも楽しいし、ちょっとしたことにこだわって料理をするとおいしくなる、その姿勢がとても好き。そして肩を抜いて料理しようよっていうメッセージをいつも感じます。

 

何年か前のNHKBSの紀行番組で、彼は世界中を回って、その土地に住むご家庭の中に入っていって料理を習っていました。そこでの人々の考えや食べ物の多様性を肌で知っているからこそ、日本での風潮がやっぱり気になってくるんだと思います。

 

3月10日のドイツ編。楽しみです。

コウケンテツの世界幸せゴハン紀行 - NHK
ドイツは今空前の「BIO」ブーム。有機認証を受けた食品を扱う人気店をのぞく。アルプスの絶景が広がる観測所では、所長が作る「地球に優しい」絶品カレーでランチタイム

 

 

私も、以前、日本はみんな家事をし過ぎていると言う記事を書いてますので宜しければ。

私たちは家事をし過ぎているのではないか
日本人の家事の多さは世界的に見てかなり驚愕するレベルのものだと思うのですが、それをぜひ多くの方に認識して欲しいと常日頃思っています。

 

日本の食事の多岐に渡る素晴らしさは素晴らしさとして、1日に栄養素をどれだけ摂るべきとか、一汁三菜とかの言葉に振り回されないよう、まずは毎日を生き抜くことを目標にしていけばいいんじゃないか、と思います。特にこのコロナ禍では…

 

楽しいことや趣味や心のよりどころになるものがいろんな段階で失われている昨今、思っているよりも私たちは疲弊しているし喪失を抱えてます。だから自分に優しく過ごしていきましょうね…

 

Give yourself a hug.

*************

お越し頂きありがとうございました。

あじさい

コメント