[ドラマ]BG2~身辺警護人~ 「島崎が護ったもの」

ドラマ

明日いよいよ最終回… コロナのせいで7話完結っていうのがどうも悔しい。

終わっちゃうのって寂しいなぁ。

木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』|テレビ朝日
2020年6月18日スタート!【毎週木曜】よる9:00放送!テレビ朝日 木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』番組サイト。木村拓哉がふたたびボディーガードとしてNEW START!新章では“チーム戦”から“個人戦”へ突入《丸腰で護り抜く男》が組織を飛び出し心機一転、次なるステージで再始動!!

「銃無し武器無し仲間無し味方無し。

敵だらけのなかでどんな手段を使っても必ず護る」

 

島崎(木村拓哉)と高梨(斎藤工)が護ったもの

1話から6話までが終了し、あとは1話を残すのみ。

 

これまでに島崎高梨コンビが護ってきたもの、依頼者から最後に何を護ってもらったかを言うセリフがあります。日常ではこういうセリフはあまり出てこないだろうけれど、ドラマ的に、演出的にこういうのかなり好きです私。

 

守る、じゃなく護る。を使っているので、こちらでもその字を使いますね。

 

1話:殺人の容疑をかけられ服役までしたが無実だった松野信介(青木崇高)

「あなたは僕の未来を護ってくれました。ありがとう、止めてくれて」

 

2話:目の不自由なピアニスト守尾恵麻(川栄李奈)と姉・守尾美和(谷村美月)との関係

恵麻「ありがとう島崎さん、わたしの… (島崎の顔を触る)なんでもない、じゃあね」

恵麻の姉「さっき、島崎さんにはこう言いたかったんだと思う。私の夢を護ってくれてありがとうって」

 

3話:投資詐欺で不起訴になり、命を狙われた実業家・道岡三郎(豊原功補)

「ありがとな。俺の…野心を護ってくれて」

 

4話:ニート生活を続けていた生田大輔(岡田義徳)とタイムカプセル

「あの… ありがとう。俺の記憶を護ってくれて」

 

5話:KICKSの秘書、角田凪子(成海璃子)がストーカーに立ち向かう

「私の決意を護ってくれてありがとうございました」

 

6話:カレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)が立ち退きを拒否、籠城、その後考えを変える

「一か月ぶりにまじめにカレーを作っていて、がんばろうって気持ちになった。ありがとう、ボディガードさん、私の日常を護ってくれて」

 

最終話、何を護るか

流れからいって、1話から島崎と敵対していた「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が依頼者となる。彼が島崎に「○○を護ってもらってありがとう」と言う、なんていうのはきれいにまとまり過ぎですかね。

 

そんなに簡単にまとまらないほうが面白いよねっていう気持ち。

 

ただ、劉社長がトラウマとして持っているボディガードへの不信感が、島崎によって完全に払しょくされ、過去の亡霊から逃れられるようなそんな明るい終わり方がいいなと思いつつ。

 

BG3への布石として、モヤモヤな感じで終わったりもするかもしれないなぁとも。

 

さて、島崎が最後に護るのは何か?ワクワクして待つことにします。

[ドラマ]BG2~身辺警護人~島崎を生きる木村拓哉の魅力の発露

 

https://tver.jp/

最新話はTverなら見れますね。

*************

お越し頂きありがとうございました。

あじさい

 

コメント