やっぱり離れられなかった… (おっさんずラブへの気持ちの落ち着いた先)

おっさんずラブ

前の記事からちょうど1週間。あれからの話を。

おっさんずラブが好きで好きで自分の思うような続編の形になってくれなくてもう苦しくて、離れようって書いたのが、気づいたらちょうど1週間前でした。
 
でも、書いた後、不思議なことに出演している役者の過去インタビューがどうしようもなく読みたくなって、去年何冊か買っておいた雑誌を引っ張り出したり、ネットで探したりいろいろ読みました。
 
雑誌って買っておいても読まずに積読してしまうんですよ。でも役に立った…良かった、買っておいて。
 
そしてS2のドラマ自体も、土曜の夜中に中途覚醒してさんざん迷った挙句、どうしても気になって気になってTverで観てしまいました。
 
なんだよ〜、結局離れられてないじゃん。
 
そうなんですよ。ほんと軟弱精神の持ち主。どんなお話でどんな仕上がりになってるのか気になってしょうがなくなってしまいました。
 
観た感想。
 
面白くない。相変わらずS1の演出を踏襲してるし、いきなりまたドラゴン出てくるし、アイテムでのS1匂わせもあるし、お仕事シーンのリアリティのなさもひどいし、なんかあり得ないなぁ、なんだかなぁっていうのが多いし、お客さんとのエピソードもそれほどイイ感じでもないし、同僚女性たちの描き方もなんだか通り一遍だし、春田が可哀相過ぎたし、シノさんあんな形でみんなにバレるし、なんかセンシティブで取り扱い注意な側面とかどうなん???ああああって思ってしまったんです。
 
でも。
 
そんなことをTwitterで書いて、Twitterでもいろんな意見、それこそ罵倒してるものから絶賛してるものから、ファン同士の罵詈雑言のやりとりだとか、そういうのを目にしていくうちに、だんだんと自分の気持ちが変わっていくのに驚いたし、気づいたことがありました。
 
私はもしかしたらS1を美化して祀り上げていたのかもしれないと。
 
S1のお仕事関連にしてもファンタジーだったし、劇場版の爆破とか誘拐とかだっていや、あれはあり得ない、とか、S1の黒澤部長の春田へのセクハラパワハラ行動だって実はスレスレどころかアウトな側面だったりするし。
 
劇場版では、最初に観た時から、狸穴と春田のホテルでの一連のシーンは私的には完全アウトだった。あれはダメ。あのお遊び的なBLで笑いを取る姿勢は好きになれない。
 
そんないろいろを、私は牧凌太の恋心と春田のポンコツぶりと報われない黒澤部長と牧への執着を残す武川さんと最初は最悪な印象だったのに後から評価爆上がりしたマロと春田に夫を取られそうなのに応援に回った健気だけど強い蝶子さんと「好きになっちゃいけない人なんていないんじゃないかしら」って牧にアドバイスした後、「なんちゃって」とオチをつけるマイマイといつもギター片手に変な歌を量産する鉄平アニとポンコツ春田をビンタするちずに全部持ってかれてしまって、あの世界にどっぷりはまってしまっていたんだったなぁってことに気づいた。
 
アイテムの匂わせが気になってしまうのは否めないけれども、違う世界の春田が今度はどういう変化をするか、周りを変化させていくのか、部長改め機長の黒澤は今度こそ思いが通じるのか、新しいキャラたちに私が心揺さぶられることがあるか、やっぱり毎週S2を観ていこうと思ってます。
 
あれ?っていうところをスルーせずに、おかしいんじゃないかって思うところは指摘しつつ、こんなにハマってしまった世界の続きの行く先をちゃんと見たいという思いが勝ってしまいました。やっぱり手のひら返しが早かったです、お騒がせしてほんとすみませんでした。
 
でもこの1週間あれこれ悩んで過去記事読んでTwitterでいろんな意見を浴びて、Twitter友とのやり取りや考えに触れて、ようやくトンネルを抜け出せたみたいで嬉しいです。
 
界隈はかなり荒れています。嫌いならば見なきゃいい、離れればいいと思ってしまいがちなんだけれども、自分がそういう立場になってようやくわかりました。愛と憎しみは表裏一体、気になって気になって頭から離れない、実生活よりネットの世界を優先してしまう、結局嫌悪しつつドラマを見てしまう、傷を負って更に過激になってしまう…
 
私だって一つ間違えばそういうサイドに落ちてしまう可能性もあったかも…と思うとゾッとします。
 
同じものを好きな人同士だけじゃなく、いろんなジャンルが好きな人たちと繋がっているのはありがたいことだと思います。本当にいろいろお世話になりました!
 
***************
読んでいただきありがとうございました。

あじさい
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました